モテフィットの付け方や使い方は正しくマスターしましょう

モテフィットの付け方

 

着用して寝るだけで育乳効果が期待できるモテフィットですが、こんなことで悩んでいませんか?

 

 

「モテフィットを付けているけど、これで合っているのかしら?このまま付けていて効果があるのかしら?」


 

モテフィットを正しく付けていないと、圧迫感を感じたりちょっと運動しただけでズレます。
また、一番困るのは効果が半減してしまうことです。

 

そこで、本記事ではモテフィットの正しい付け方や使い方について説明しています。

 

 

 

 

モテフィットの付け方・使い方|脱ぎ方も一緒にマスター

 

モテフィットの正しい付け方は取扱説明書に記載されていますので、本記事と併せて読んでくださいね。
脱ぎ方は、付け方の逆の手順になります。

 

間違った付け方をしていると...

  • クーパー靭帯が損傷して、垂れ乳や離れ乳になる恐れがある。
  • 肩こりや頭痛などの原因となる。
  • モテフィットのナイトブラとしての寿命が短くなる恐れがある。

こんなことにならないように、モテフィットは正しい方法で付けましょう。

 

 

モテフィットの着用方法

着用する前に以下の点を確認します。
  • パッドが正しい向きで入っているかどうか。
  • あなたの胸に合わせてパッドの位置が調整されているか。ポケットはパッドより広く作っているので、パットの位置を調整できるようになっています。サイズとアンダーの両方向がバストを支えるのが理想。

着用方法1

 

モテフィットを両手で広げて、足から履きます。

片足ずつ足を入れます。
下から着用するのは、バストを下から持ち上げるためです。上から着ると、胸肉が下側に集中してしまいます。
また、肩を通すので肩幅の分だけモテフィットの生地を引き伸ばす原因となります。生地を傷めないためにも下から着るようにしましょう。

着用方法2

 

ブラのバストトップが二の腕の真ん中の位置までくるようにモテフィットを持ち上げます。

下からバストを支えるように着るのがコツです。
持ち上げる際、お腹の贅肉も一緒にバストに運んであげる感じにすると良いでしょう。

着用方法32

 

ブラに腕を通します。

 

前かがみになりながら、脇や背中のお肉をモテフィットのカップに集めます。

お肉を軽くマッサージしながら集めると、良いでしょう。
ピンク色のアンダーバンドの位置が下乳のラインにくるようにするのがコツです。

着用方法5

 

鏡を見ながら肩紐でサイズを調整します。
  • バストトップの位置が二の腕の真ん中のラインにくる。
  • アンダーバストのすぐ下にブラのアンダーがくる。

着たまま調整するのは難しい場合は、調整幅だけ決めて一旦脱ぎます。
調整してからまた着てください。

肩紐の調整をしっかりしていないと、バストに集めた脇肉や背中肉、腹肉が逃げてしまうので、非常に重要な工程です。

着用方法6

 

付け方のポイントは足から履くことですね。
上から着用すると、バストが下側に片寄ってしまったりバストトップが潰れたりします。
また、肩幅があるので余計に生地を伸ばしてしまって傷める原因になります。

 

 

モテフィットが正しく着用できているかのチェックリスト

モテフィットが正しく付けているかは、鏡で映しながら以下の確認事項をチェックしてください。

  • モテフィットのアンダーライン(ピンク色)がアンダーバストのすぐ下にあるか。
  • モテフィットのアンダーライン(ピンク色)が正面と背中面で高さが合っているか。
  • 脇肉がモテフィットからはみ出していないか。
  • 肩紐が肩に食い込んでいないか。
  • バストトップがモテフィットのカップで潰れていないか、カップが浮いていないか。
  • バストトップの左右の高さが同じか。バストトップが二の腕の真ん中ラインに来ているか。

 

 

肩紐の調整について

モテフィットの特徴でもある肩紐の調整機能ですが、肩紐の調整を正しくしていないと、折角、バストにお肉を寄せてもちょっと動いただけで逃げて効果が半減します。

 

肩紐の調整は、基本的に初回にやればOKです。
が、バストは日々成長するので定期的に調整し直しましょう。

  1. 肩紐の調整は背中でするので、最初に着るときに調整幅だけ決めて一旦に脱ぎます。
  2. 外した状態で調整してから、再度着用します。

 

肩紐の長さは、肩に食い込まないように調整してください。
人差し指が1本入るぐらいの余裕を持たせるのがコツです。

 

 

モテフィットの脱ぎ方

モテフィットを脱ぐときは、付ける手順の逆です。

 

  1. 肩紐を外して、片腕ずつ腕を抜きます。
  2. モテフィットを下し、足から脱ぎます。付けるときの逆ですね。上から脱ぐと、生地が伸びてしまいますので必ず下から脱ぎましょう。
  3. パッドを外します。

 

モテフィットを脱いだら、すぐに洗濯をしてください。汗を含んだまま放置すると、早く傷みます。

 

 

 

モテフィットのパット付け方【パットの位置と向き】

 

モテフィットのパットは、取り外し可能で洗濯のときに外します。
付けるときに正しい位置や向きになるようにしましょう。

 

パッドは上下左右の向きがあります。L字型に膨らんでいるので、サイドとアンダーからバストをしっかり支えて、お肉が流れるのを防止します。

 

パットの位置がズレていると、十分な効果が発揮できなくなるので要注意です。

 

では、モテフィットのパットの付け方について説明します。

パットの向きと位置を正しくして付ければOK。
そんなに難しく考える必要はありません。

 

パットの向き

パットのパートの先端(尖っているところ)が脇下になるようにします。

 

パットの位置

ハートが左右非対称になるようにセットします。
アンダー側がふっくらしている方にします。

モテフィットのパット向き

モテフィットの位置

 

モテフィットはパットが付いている状態で届くので、パットの位置や向きは正しくなっています。
スマホなどで写真を撮っておくことをおすすめします。

 

 

 

まとめ(モテフィット付け方)

モテフィットの本体の付け方とパットの付け方について説明しました。

 

正しい付け方をしていないと、十分な効果が期待できません。
特に慣れてくると、手を抜いてしまいがちになりますが、いつも新鮮な気持ちでバストケアすることが成功の秘訣です。

 

モテフィットって結構、良いじゃん!
と実感されたら、追加で複数枚数を購入することをオススメします。
長時間、使った方が効果があるし、モテフィットは就寝中だけでなく日中やスポーツ時でも使えます。

 

少しでもバストを理想に近づけてください。

 


TOPへ